今月のサルカニネコなど(2011年3月分)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

emobile:横ばい。
Willcom:PHS単独7万超えの大純増。7万超えは2007年3月以来。
UQ:過去最大の純増。emobileと完全に逆転したか?

Willcomがまさかの完全復活状態。
大純減のきっかけがWILLCOM CORE(XGP、3G)=データ通信であったことを考えると、やはりPHSは音声で生きるべきだったということか。
個人のモバイルデータ通信ニーズが1990年代後半~2000年代前半ぐらいでとどまっていればデータでも生き残れたんだろうけど。

そしてUQ WiMAXの伸びがすごい。
都市部ではもはやemobileが遅くなりすぎて使いものにならないといった話も聞く。
最初から大容量・長時間のデータ通信を念頭に置いて設計されてるだけあって満足度は高いんだろう。
エリアさえ広ければ私も乗り換えたいと思っているのだが…。

そしてauだが…年末商戦でも上位3キャリア中最下位、他2キャリアの半分ほどしかない。

やや高いがクオリティ至上主義のdocomo、質はともかく安くてiPhoneのあるSoftBank。
そんな中でauはどういう立ち位置を狙っているんだろうか。

余談だが、emobileの会社情報ページがeaccessに吸収合併された影響で味気なくなっている。
加入者数のページもどこか殺風景。以前のほうがよかったな。